紅の蔵かわら版
ホーム紅の蔵かわら版 > 月別バックナンバー: 2017年02月

3月の十日市

十日市「雛あられの振舞い」

とき   平成29年3月10日(金) 11:00~(なくなり次第終了)
○ところ  山形まるごと館 紅の蔵 中庭
○内容   雛祭りにちなんだ雛あられを振舞います。
○費用   無料

【おみやげ処 あがらっしゃい】店頭にて
✿カスタードたっぷりクリームパン「ベニちゃんパン」販売など

【Cafe&Dining990】店内にて
✿テイクアウトスイーツの販売

【おいしさ直売所】
✿店内にてイベント開催
✿海の産直カー「海丸」出店予定

※庄内浜荒天により出漁できない場合は運休となります。

————————————————————

【問合せ】
山形まるごと館 紅の蔵 『街なか情報館』
☎023-679-5101(10:00~18:00)

|カテゴリ:新着情報2017年2月28日

紅エビポスター

エビ汁のふるまい』

庄内地域は全国5本の指に入る一大産地

山形県庄内では『甘エビ』のことを女性の唇に紅を
塗ったさまに色形が似ていることから、『紅エビ』と
呼びます。水深300m付近の海底の大変きれいな海洋
深層水水域に生息し、7.8月を除く通年、底引き網で
漁獲されます。

毎月恒例の十日市にて特別イベントとして緊急開催決定!!
紅エビのうまみたっぷりのみそ汁を振る舞います。
その他庄内浜の加工品販売(イカ焼き、魚の唐揚げ等)
山形県漁協「海丸」による鮮魚販売も行います!

ご来館お待ちしております。

※販売品の内容に若干の変更がございます

大変申し訳ありませんがご了承下さい。

 

主催:庄内浜の魚消費拡大総合プロジェクト推進本部

(事務局 県庁水産推進課 023-630-3071)

講和ちらし

 お雛様と今年の干支酉物語

*お雛様の歴史などや今年の干支「酉」について講和します*

【日時】  平成29年3月6日(月)10:00~
【場所】 山形まるごと館 紅の蔵 蔵座敷
【講師】  お雛様研究家 安部英子 先生
 【定員】  25名
  【費用】  無料

※事前予約・当日参加 可

【問合せ】
山形まるごと館 紅の蔵 『街なか情報館』
☎023-679-5101(10:00~18:00)

************************

間もなく桃の節句。
紅の蔵のお食事処では季節限定のメニューを提供致します。
2月17日からは「時代雛展」も開催。是非ご来館ください!

************************

【そば処紅山水】

雛御膳

雛ご膳 1,410円(税込)

赤根ほうれん草切り(そば)に、ちらし寿司、
山形うるいの酢味噌和え、小柱のかき揚げ、香の物に和菓子のデザートをお付けした、
地物の旬の食材を中心にした華やかなセットです。

※ランチタイム限定(11:00~15:00) 一日限定20食  3月1日(水)~3月31日(金)まで

**************************************

【Cafe&Dining990】

990-1

 春野菜とハマグリのクリームパスタ 1,400円(税込)

雪うるい、アサツキ、菜の花などシャキシャキ食感の春野菜に、
ハマグリを合わせたクリームパスタ。
契約農家から仕入れた野菜のサラダ・スープ・コーヒー付き。

※ランチタイム限定(11:00~14:30)  2月23日(木)~3月21日(火)まで

990-2

 雅いちご 864円(税込)

今年の雅いちごは、カリカリのワッフルに生クリームと
甘酸っぱい山形苺、バニラアイスまでついた贅沢スウィーツ。
あたたかいドリンクと一緒にお楽しみください。

※カフェタイム限定(14:30~17:30) 2月23日(木)~3月31日(金)まで

=============================

【お問合せ】
そば処「紅山水」

TEL023-679-5102
営業時間 11:00~15:00、17:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日 月曜日(祝日、10日の場合営業、翌日休業)

Cafe&Dining990

℡:023-679-5103
定休日 水曜日(祝日・10日の場合営業、振替休あり)
営業時間
●Lunch 11:00~14:30
●CafeTime14:30~17:30
●Dinner 17:30~21:00(※金・土・祝前日17:30~22:00/L.O.21:30)